経口中絶薬RU486(北京紫竹)

RU486(中絶薬) 北京紫竹

成分:息隠〔米非司酉同片〕+米索前列醇片 (ミフェプリストン剤+ミソプロストル剤)(RU486)

RU486という薬で、妊娠してから49日以内に 飲むと流産と同じ状態になり、人工的に中絶ができるというものです。
RU486は開発コードネームで、フランスのルセル・ユクラフ社(現在のヘキスト・マリオン・ ルセル社)で1980(昭和55)年に開発された。

経口RU486(中絶薬) 熟練した医師の厳重な監視下で使用するものです。
個人輸入によって入手した医薬品の取り扱い、服用による責任は輸入者個人に帰結し、弊社ではいかなる保障も出来ません。
特別指摘:子宮外妊娠は服用してはいけません、もし服用した場合、大出血の可能性がある、生命に及びます。
子宮外妊娠の人 (子宮外妊娠の母体生命の危険性があります。) ,
※使用する前にあらかじめ、診察と超音波検査により子宮内の妊娠を確認診断する必要があります。
       
経口中絶薬、いわゆる、RU486はフランスで1980年開発され、1988年より発売されている薬、が本年2000年欧州連合(EU)11か国で解禁される。
多くのEU加盟国で中絶反対の立場を取る、カトリック、右派勢力から、社民、左派陣営に権力の移譲が進んだことが間接的原因と考えられる。
この薬は妊娠を維持する黄体ホルモンに拮抗する作用を持ち、妊娠49日以内であれば服用することにより自然流産と同じような経過をたどり、
子宮収縮剤のプロスタグランディンを併用すれば100パーセント近く人工流産(中絶)が可能である。
しかしあまりに安易に中絶できてしまうためカトリック勢力や右派の反発を買い、当初の販売元だった、
ドイツのHMR(ヘキストマリオンルセル)社は販路を英国やスウェーデンに広げたものの、猛烈な同社ボイコットや不買運動が拡大し、
97年この薬から撤退、販売権は開発者の設立したフランスのエクセルジン社に移譲された。
1998年ころより左派政権がEUで覇権を握るようになると、ドイツ、ベルギーなど8国で同薬が認可さた。
現在の使用の承認されている国は、フランス、英国、スウェーデン、イスラエル、ロシア、スイス、オランダ、
ベルギー、ルクセンブルグ、デンマーク、フィンランド、ギィリシャそして2000年2月7日にスペインで解禁された。
ところがアメリカのFDAは2月19日承認を延期する旨発表した。
この背景にはAbtion Violenceという中絶反対派の産婦人科医院や患者へのテロが日常茶飯事に起こっていることも無関係ではあるまい。
Yahooでabtionを検索すると、abtionそのものよりもabtion violenceの方が多くヒットするのでびっくりしたことがあるくらいである。
経口妊娠中絶薬については、これまでは少量であれば厚生労働省での手続きが無くても個人で輸入できていた取扱いを改め、
原則として、医師の処方に基づくことが地方厚生局で確認できた場合に限って輸入が可能となるよう、個人輸入を制限することとしました。
  

  • 最終更新:2014-08-29 16:01:40

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード